読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんな

幸せで可愛い私を好きだと思ってくれる人と一緒にいたい というのも普通なんだけど たとえば 一緒にいるために 「可哀想さ」で気をひくとする 離れたく無いと思うと 可哀想さを加速させなきゃいけなくなる 幸せな私を 好きになってもらう 一緒にいるために幸…

母親というものは何もせずとも一生母親でいてくれるものだと思っていた。 とんだ勘違いだと思った 彼女がそう望まなければ母親なんてものに永遠はない 母親を殺したのは私だとおもう。殺された彼女は少女になったのだとおもう。 私は高校生の頃からすでに母…

神様

「手癖で君を幸せにはしないよ」 私には分からなかったキラキラの文学や哲学 ボロボロになりながら切り裂いて できる限り露骨な言葉で表現していく 「愛さない認めない変わらない方が無くさない 輝きは特別は青春は剥がれてく、ボロボロになっていく神様にな…

嘘です

電車に乗るたびに小学校時代思い出す 椅子取りゲームが苦手だった 譲ったら負け 別に座りたくもないからよく鬼になった 真ん中にいる気分はとても良かった それなのに次のターンでは無理やりまた 巻き込まれないといけない 連続で何回も鬼になった 怒られた …

普通に、というか、 あれやこれや装飾せずに素直に生きるのが 1番変に悩まないで、考える事考えて過ごせるのかなと、最近は思ってます 私は真っ直ぐ生きるのが向いてるというだけの事なんだけど 時々どっとでる承認欲求は間違えやすくて 失敗したくないなっ…

しゃべる

「ためこまないで」 みたいな事よく聞くけど 気持ちなんて別にたまるもんじゃ無い 言葉は積もるかもね 嫌だと思った事とか わかってよって思う事 吐き出しなさいとか言うけど 社会的要因で期限までに結論出す時以外 口に出す必要無いと思うな 行動してるなら…

呼吸

空気中に浮かぶ このキラキラしたものは 一体なんだろうと 初めて思ったのは小学校の頃だったか それが埃だと気がついた時の 呼吸への恐怖と 自分が さほど繊細でないことへの安心感 そんな事もう考えてないなりに 時々思い出して 誰に対してでもなく という…

クランクアップ

おーい 撮影最終日終わったんだぞー 反復してるけどイマイチまだ実感とかなくて 想像してたのと違うな 燃え尽きる疾走感とは違って あたたかさが凄いじんわりきてる まだまだ頑張れるなという穏やかな熱 いつだって満たされるわけではない それでも皆がゆっ…

えいが

気持ちを抑えてできるだけ たのしくするから嫌わないで 映画なんて見なかった私が 映画を知りたいと思った4月 唐突に映画を撮ると言い出した12月 関わってくれた一人一人に感謝の気持ち それは作品を作る上で それから 作品を作ろうと思う わたし。 を作る上…