読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘です

電車に乗るたびに小学校時代思い出す

椅子取りゲームが苦手だった

譲ったら負け

別に座りたくもないからよく鬼になった

真ん中にいる気分はとても良かった

それなのに次のターンでは無理やりまた

巻き込まれないといけない

連続で何回も鬼になった

怒られた

そりゃそうだ分かってる私が少しおかしい

 

ハンカチゲームも苦手だった

自分の背後を手で探って

何もないその度に落胆した

自意識過剰を指摘されたような気分で

探るのをやめた

やっぱり真ん中にいた

彼らのルールでは中心は便所だった

 

雨の日レクはひたすら気が乗らなかった

唯一好きだったのが確か、

大根抜きってゲームだと思う

両腕を組んで輪をつくる

鬼は足を引っ張って引き抜く

周りの女の子は嫌がったけど

私はそれが1番好きだった

 

ドッジボールは大好きだった

端に固まる女子を当てるのが好きだった

輪から抜け出せる彼女らも喜ぶし

ゲームの勝ちにも貢献するし

目立とうが地味に過ごそうが

枠の中を選ぼうが外を選ぼうが

ゲームのルール内でいられた